BIOGRAPHY

T-SPICE is a Los Angeles based, Music producer has Involved in production of critically acclaimed tracks including game sounds for a PlayStation game Beatmania, an official song for a professional soccer team of Tokyo Verdy, commercial for Round One, Sekisui Home, Asahi Insurance, Yahoo, Japanese traditional craft Edo Kiriko Cut Glass and more. He released an instrumental beat album "Reborn to Die" in 2017 featuring Spaceboy Boogie X from Pharcyde and Akil of Jurassic 5. Mastering for this album was done by Daddy Kev who received a Grammy Award nomination with the Flying Lotus. The album was highly acclaimed and attained a reputation with the unique, intense deep beat and originality. T-SPICE is also a live finger drummer using a Native Instruments Maschine. His beat-making with the quick finger drums is highly evaluated; therefore he was introduced by local artists on Native Instruments social media outlets.
-Japanese-
日本生まれ、アメリカ、ロサンゼルス在住の音楽プロデューサー。幼少の時に始めたトランペットで音楽に目覚め、日本ではゲーム「beatmania」の音楽やプロサッカーチーム、東京ヴェルディの主題歌の制作などにも携わる。2001年に単身、ロサンゼルスへ渡米。ラッパーとしてフリースタイルの聖地であるProject Blowedや、Key Club、Roxyといったロサンゼルスの有名クラブなど、様々なステージでパフォーマンスをこなし、さらに人気ヒップホップ・グループ、Jurassic 5の日本ツアーに同行するなど、ロサンゼルスのヒップホップシーンの中で強固なコネクションを築く。 2017年には、自らのプロデュースによるアルバム『Reborn To Die』を発売。The PharcydeのSpace Boy Boogie Xや Jurassic 5のAkil The MCをフィーチャし、マスタリングをLow End Theory のファインダーであり、Flying Lotus「Never Catch Me ft. Kendrick Lamar」でグラミー賞にもノミネートされたDaddy Kevが担当し、独特な太いビートとオリジナリティ溢れるアプローチで高い評価を得る。また、フィンガードラマーとしても活動し、様々なDJやアーティストとセッションを重ね、Native Instruments社のMaschineを使ったフィンガードラムプレイが、Native InstrumentsのSNSでも紹介された。 CM音楽制作も精力的に行なっており、世界三大広告アワードの一つであるClio Awardsにてオリジナルミュージック賞の受賞経歴もあるBrew House Musicに席を置き、ラウンドワン、積水ホーム、アサヒインシュランス、Yahoo、伝統工芸の一つである江戸切子『グラスカンパニー』などのコマーシャル音楽、アメリカ国内のTVShowのバックグラウンド音楽なども手掛けている。

© T-SPICE.com