BIOGRAPHY

T-SPICE is a Los Angeles based, Music producer. Born in Japan, he started learning trumpet and got into music from a young age. Producing critically acclaimed tracks including game sounds for a PlayStation game Beatmania and an official song for a professional soccer team in Japan. He released an instrumental beat album "Reborn to Die" in 2017 featuring Spaceboy Boogie X from Pharcyde and Akil of Jurassic 5. Mastering for this album was done by Daddy Kev who received a Grammy Award nomination with the Flying Lotus. The album was highly acclaimed and attained a reputation with the unique, intense deep beat and originality. T-SPICE is also a live finger drummer using a Native Instruments Maschine. His beat-making with the quick finger drums is highly evaluated; therefore he was introduced by local artists on native instruments social media outlets. He has recently been engaged in production of commercial songs. His latest projects include the song for a promotional movie for Japanese traditional craft Edo Kiriko Cut Glass.
-Japanese-
日本生まれ、アメリカ在住の音楽プロデューサー。幼少の時に始めたトランペットで音楽に目覚め、日本ではゲーム「beatmania」の音楽やプロサッカーチーム、東京ヴェルディの主題歌の制作などにも携わる。2001年に単身、ロサンゼルスへ渡米。ラッパーとしてフリースタイルの聖地であるProject Blowedや、Key Club、Roxyといったロサンゼルスの有名クラブなど、様々なステージでパフォーマンスをこなし、さらに人気ヒップホップ・グループ、Jurassic 5のUS/日本ツアーに同行するなど、ロサンゼルスのヒップホップシーンの中で強固なコネクションを築く。 2017年には、自らのプロデュースによるアルバム『Reborn To Die』を発売。The PharcydeのSpace Boy Boogie Xや Jurassic 5のAkil The MCをフィーチャし、マスタリングをLow End Theory のファインダーであり、Flying Lotus「Never Catch Me ft. Kendrick Lamar」でグラミー賞にもノミネートされたDaddy Kevが担当し、独特な太いビートとオリジナリティ溢れるアプローチで高い評価を得る。また、最近ではフィンガードラマーとしても活動し、様々なDJやアーティストとセッションを重ね、Native Instruments社のMaschineを使ったフィンガードラムプレイが、Native InstrumentsのSNSでも紹介された。 現在はCM音楽制作も精力的に行なっており、世界三大広告アワードの一つであるClio Awardsにてオリジナルミュージック賞の受賞経歴もあるBrew House Musicに席を置き、伝統工芸の一つである江戸切子『グラスカンパニー』や京都の伝統的な細工紙である「京唐紙」、保険会社やRound Oneなどのテレビコマーシャル、TVShowなどの音楽、を手掛けている。

© T-SPICE.com